ニュージーに住むならこれだけは覚えたい、マオリ語!

 

こんばんわ、ツグです。

 

今日仕事場でパーティーの担当でした。

卒業式のパーティーということで、

この時期に卒業式?なんて思い、

準備中にちらっと会場を覗くと

MCが英語を話していないのです、、、

何言っているかさっぱりわからない。

けど、なんかこの言葉のリズム感が好き!

実は、マオリ語で話していたのですが、

マオリ語学校の卒業式ということがわかりました。

 

そして、スピーチが終わった後に食事が開始され、

僕はハムをカービングする担当で、ゲストの方たちと話す機会があったのですが、

その際に、「Hello、How are you?」なんていつものあいさつをしました。

すると向こうから「Kia ora(キヨラ)」っと言われ、

思わず言葉を失ってしまいました、、、

とんでもない失礼な対応をしてしまったと思ったのです。

マオリ語学校の卒業式で、マオリ語を大切にされている方たちのことを考えずに

発言した英単語。

もちろん、先方が英語が嫌いだといっているわけではありませんが、

「Kia ora」と返事が返ってきたときには、

自分のもてなしを反省させられてしまいました。

 

っということで、

移住の際、ある程度は覚悟が必要。親との別れ、、、

について昨日はお話ししましたが、

今日は、ニュージーランドに住んでいる以上、

これだけは覚えたいマオリ語を取り上げたいと思います。

<スポンサーリンク>




 

マオリ語は発音しやすい!

日本語には子音に必ず母音がくっついており、

英語とそこが違うというのが、英語の発音の発音を難しくしている一因なのですが、

マオリ語は、そういった意味ではとても日本人には発音しやすい言葉です。

なぜかって、大抵アルファベット読みで発音ができるからです。

表記された単語をローマ字読みすれば、だいたいは発音オッケーです。

 

僕のツグという名前、

どうしても英語圏の方は、単語が「ツ」から始まる場合の発音が難しいらしく、

(Tsunami(ツナミ)は言えるんですけどね)

なかなか正しい音で呼んでくれません。

トゥグやズーグーなんて発音します。悲しい、、、

 

しかし、マオリの方は、それがきれいに発音できるんです!!

何の問題もなく。

日本語と同じ音をいっぱい持っているんですよね。

 

逆に言えば、日本人にとってもマオリ語は発音しやすいのです。

 

Kia ora

もうこれは定番の言葉です。

マオリの方と話す時は、必ずといっていいほど出てくる単語です。

はじめまして・こんにちはという意味なのですが、

こちらの方の発音では、キヨラっと言っています。

Aotearoa

これは、長く白い雲という直訳なのですが、

ニュージーランドという意味を示しています。

こちらの方の発音では、アオテアロアと言っています。

この単語も、いたるところで出てきます。

 

Ka pai

これは、ありがとうという意味です。

こちらの方の発音では、カーパイと言っています。

なんか乾杯(カンパイ)みたいですね。

Ka paiという時は、気持ちを込めて元気よく!

 

Ka kite ano

これは、またね~という意味です。

こちらの方の発音では、カキテアノと発音されます。

 

いかがでしょうか?

たったの4つですが、

これだけは是非覚えたい単語です。

発音もしやすいですし、普段の生活で簡単に使いやすい言葉ですので、

マオリの方とお会いする際には、積極的に使われてください。

これで、僕も仕事中に失礼なく声をかけれそうです。

 

PS

子供たちが最近はまっているニュージーランドの歌手が歌う歌です。

学校でならっているようです。

マオリ語で歌われている曲ですが、

人気のあるスタンウォーカーさん・他が歌われてます。

なかなかテンポがよく、響きもいいので、

是非試聴されてください。

映像もニュージーランドの綺麗な景色がのぞけますよ!♪

(ちなみに、英語バージョンもあるようです)

<スポンサーリンク>




移住の際、ある程度は覚悟が必要。親との別れ、、、

出逢いが人生を豊かにする、メッセージを受け取り行動する大切さ

関連記事

  1. まじめな人にはニュージーおススメ!NZ人からみた日本人の印象は?…

    僕たち日本人からするとニュージーランドの国や人ってすっごくいいイメージがありますよね?国につ…

  2. 貯金がなくても家が購入できる?ニュージーランドの特別住宅ローンと…

    家を買うというのは、なんかドキドキ、ワクワクすることで、誰もが将来実現し…

  3. NZの専門学校で調理師資格を取得した僕が知った現地就職活動の実態…

    ここ最近、ニュージーランドでシェフの資格取るために専門学校に通ったお話を連載させ…

  4. 【体験談】子持ち30代後半での挑戦!NZでシェフを目指し専門学校…

    ニュージーランドに来る目的は人によって異なってきますが、こちらで何の仕事…

  5. ニュージーランド 嬉しいデイライトセービング

    こんばんわ、ツグです。最近、子供達の起きてくる時間が…

  6. 海外に住んでいるからこそ日本のドラマを楽しんでストレス解消!

    少しブログの更新が空いてしまいましたが、体調が思わしくなくて、そういう時はやはり気まで下がってしまい…

  7. 国際結婚の子育て、2つの方法でバイリンガルキッズになりました

    こんばんわ、ツグです。今日もさっむーい!っと感じるサ…

  8. やっぱり好きだなーと感じるニュージーランドのいいところ

    ニュージーランドに住んで早7年。振り返るとあっという間です。よく言いますよね、年齢を重ねるごとに時間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録(LINE公式アカウント)

LINE公式アカウントを作りました。

友だち追加を宜しくお願いします

 

Add friend
PAGE TOP